<< Mac Book Pro | main | 阿佐ヶ谷甘味通信vol.うさぎや >>
2009.06.17 Wednesday

もうすぐ、夏至。

0
    私が張り切ると、必ず雨が降る。
    BBQから始まり、ビアガーデン、潮干狩り、ビアガーデン、送別会...見事に雨。今週末の箱根旅行はだいじょぶかな。
    そろそろ雨女カミングアウトしないといけないかも。

    暦ではもうすぐ夏至。

    そして、私の1番大切にしている映画も『夏至』
    ヴェトナム人の監督、トラン・アン・ユンがハノイを舞台に、3姉妹の日常を水や音や色を巧みに織り交ぜて描いた素晴らしい作品。
    そんな彼が今年、8年振りに渇望の新作を発表すると聞いて、そりゃもうもう、楽しみにしてたんです。
    そしたら、それが『アイカムウィズザレイン』だった。
    ぇえ?
    3カ国のイケMensの競演ばかりがクローズアップされてるあの作品?

    今までトニー・レオンとかの起用もあったんだけど、基本はキャストもスタッフもヴェトナム人で固められてた。今回は音楽もレディオヘッド だし。どうしちゃったの監督!
    いつも真っ黒な艶髪とアオザイが美しい、奥様のトラン・ヌー・イエン・ケーも、茶髪ウェーブで面積の小さい下着を身に付けちゃって、こっちがしどろもどろ。
    まぁ監督本人としては、そろそろ脱ベトナムしたかったみたいなんだけど、私としては『夏至』の続的なものを8年待ってたから...やっぱり、ね。

    でも、この作品のイケMensの競演目当てで足を運んだ女子たちは、もっと行き場を無くしてるみたいだったよ。「何が言いたいのかさっぱりわからん!」という声を劇場のあちこちで耳にしたので。
    「トラン・アン・ユンの作品にそうゆうのを求めちゃいかんよ」
    って一人一人の肩を叩いてあげようかと思ったくらい。私も別の意味で動揺してしまったのよと。
    ちょっと方向が飛躍しすぎたね、いろいろ。大々的に取り上げてしまったメディアは、どうやって弁解するのだろう...監督はちっとも悪くないです。

    そんな監督の次作は『ノルウェイの森』らしい。
    春樹ファンはイケMensファンより単純にはいかないだろうから...今から気が気じゃない。
    コメント
    そういえば伊豆もずーっと雨だったね

    有馬は大雨後翌日は快晴だったような・・
    • mituko
    • 2009.06.18 Thursday 23:29
    >mitsuko
    そうやった...

    修学旅行も、毎回。
    シャレにならへんね。
    • ヨシコ
    • 2009.06.19 Friday 14:18
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM