2009.05.12 Tuesday

日曜の午後にキルフェボンで。

0
    お昼ちょっと過ぎに恵比寿で待ち合わせ。
    日傘をさして代官山までの坂を上り、目指すはキルフェボン
    店内は、華やかな女子の笑い声。
    私たちも、フォーク片手に来月の箱根旅行のプランを立てる。

    んー...何とも女子らしい午後。

    女子と言ってもこちらの女子とはまた違う。
    今日の女子は職場の『ケンタッキー会』とよばれるメンバー(KFCのチキンバスケットを頬張りながら、29歳のクリスマス宣言をした仲)で、今まさに、各々が婚活レースを繰り広げている。集まればそれぞれの婚活ブログの更新ネタを披露し、どの馬に乗った女子が1番にテープをきるかという話ばかりしている。私は気付けばもっぱらレースの解説者。
    ケンタッキー会の女子は、とにかくみんな必死だ。力みすぎて空振ったり、じらしすぎて去られたり、選びすぎて間違ったり。

    たまにこうやって更新ネタをきくのは楽しい。でも、みんなが揃ってセックス アンド ザ シティをバイブルにしているのはどうかと思う。
    「それだけは、さっぱりわからない。」
    と私が言うと、
    「キャシーの魅力が何でわからないの?」
    とみんなに口々に責められる。
    いやー、あれだけは真似るべきものは何処にも見あたらないんだけど。

    どの娘もシュシュをつけて、レギンスにパンプスを履いている。
    「みんなかわいいのに...頑張ってるからもう少しだよ」と後ろ姿を見ながら思う。
    ある娘のうなじがキラキラしてた。
    「ラメ入りの日焼け止めを使ってるのよ。」
    振り返ってその娘が言う。
    夏日になった日曜の午後、
    細いヒールの靴音に合わせて、ポニーテールの毛先が揺れる。
    2009.01.29 Thursday

    魅せるパン。

    0
      吉祥寺にあるDans Dix ans
      そんなに食パン食べる方じゃないのに、ここでいつも買ってしまう。
      もちろんおいしいからというのもあるんだけど、その、何て言うか、
      吉祥寺で昼間に散歩してる自分に酔うためなのかもしれない。



      アプリケ作家の宮脇綾子は、おいしいものに出会ったらまずスケッチして、カットして切り開いたらまたスケッチして、盛りつけてまたスケッチしてから、やっとこさ家族の口に入っていたらしい。
      私は絵心がないから、とりあえず眺めてカメラに収める。



      カットして切り開いてカメラに収めようとしたら、バターの香りが鼻まであがってきて我慢できなくなった。
      2008.12.08 Monday

      高尾の美味。

      0

        味噌たっぷり団子はロープウェー登りきった駅の前。


        なめこ汁は小仏城山。


        乾ぱ〜い、黒ラベルは景信山。


        「瓶ビールを頼むとセットでこれが付いてくるよ」
        と隣のおっちゃんに教えてもらった景信茶屋のおかみさんの煮付け。


        (手前)山菜の天ぷら。紅葉も揚がってた。むかごも揚がってた。
        (奥)きのこの天ぷらも景信山。
           

        調子に乗って燗。
        山の頂上に居る事を忘れて飲みまくり、帰りがおぼつかなくなった。


        締めに高尾駅前で山菜とろろそば。

        高尾は美味。
        2008.07.22 Tuesday

        ばあちゃんのトマト。

        0


          しっかり冷やしてざくっと切った。

          がぶっとかぶったら、じゅわっと蜜がとんだ。

          濃い汁が肘までつたる。

          今年も甘いよ、ばあちゃん。
          2007.07.02 Monday

          梅日記、その後。

          0


            蜜月です。
            梅酢が上がってくるのをしめしめと眺める日々。

            今日は新宿SALEに繰り出して来た。
            値が張るからと通りすがりにチラ見するくらいやったけど、
            気になってたフランス菓子屋のような愛くるしいお店があって、
            SALEやってて入ったらかわいらしいキャミソール発見。
            値段もお手頃、フィッテイングしてもぴったり。
            予想外の所でいい買い物やとほくそ笑む。
            で、カウンターで値札を切って包んでもらって、キレイなお姉さんの口からとんでもない金額が!!!
            「4万6000円です。」
            ...!!!
            7,000円だと思ってたキャミが、がっつり70,000円だった!
            見栄を張って購入するにも限界があって、
            「値段間違えてました、持ち合わせが無いんで...』
            と、逃げるように店を出た。

            あぁ、ナンというかカンというか...
            私は見間違いで踏み外しかけること多いわ。
            2007.06.25 Monday

            梅日記。

            0
              今年2度目の梅狩りへ行ってきました。
              場所はやっぱり阿佐ヶ谷住宅。

              そしたらこんなに大っきくなってた...!

              前回は片手に10個は掴めてたのに、
              今回は3個もぎ取ればこぼれ落ちそうです。


              早速あく抜きをして、


              天日干し。


              まずはもちろん梅酒から。
              右→ホワイトリカーと氷砂糖
              左→ウォッカと黒糖
              ブランデーでも漬けました。

              これから梅雨明けまで梅とのお付き合いが始まります。
              2007.05.12 Saturday

              おいしい豆腐の絵かきうた。

              0

                誰かと思え〜ば〜スケキヨか〜。


                唐辛子にかえれ〜ば〜どこかにいそうなアイツ〜。


                黒こしょうをひけ〜ば〜いっきにアイツもふけ顔〜に〜。


                大粒納豆のせ〜ればぁ〜、のせ〜ればぁ〜、
                関西のおばちゃんのでき〜あ〜が〜りぃ〜。


                ちゃぶ台でもひときわ映えてます。
                さすが関西のおばちゃん。

                あっ、ちなみにこの豆腐おいしかったよ。
                2007.04.17 Tuesday

                まり飯を食らふ。

                0
                  先週、念願のまり飯を食べに行ってきた。

                  まり飯とは旅人の胃袋を掴んで離さないと評判の馬場の隠れ家。
                  ヨシコにとって初台のおとこ飯とならぶトーキョーきっての名店です。

                  私はこの日を楽しみにしてました。
                  夢にまで出てきてうれしすぎて笑ってたら自分の声で目が覚めたくらい。

                  チョンキンマンションのような渋いエレベーターを上がると、少し開いた入り口のドアからは煮込み料理をコトコトいわせているオレンジ色のルクルーゼが見えた。
                  それだけでもう、胃袋完全にキャッチ。



                  キッチンから次々運ばれてくるまり飯。
                  その間はワイン片手に坊ちゃんのBOSS踊りが堪能できる。坊ちゃんの踊りがこれまたたまらんのです。坊ちゃんさすがママをしっかりサポート。



                  ちゃぶ台に並ぶまり飯。幸せそうに輪になって湯気を出してます。
                  ...見とれます。
                  今見ただけでも大脳反射でよだれが出てきます。

                  ↓そしてこの場面にも見とれました。


                  坊ちゃんは食事が来るまでゲストの前で激しく踊ってたのに、食事が来たらピタと止まってまりママの料理を無我夢中で食べ始めたのです。
                  こんなに夕飯にむしゃつく2歳児は見たことありませんでした。
                  おいしいんやね。ええねぇ、若い頃からとびきりのアンチョビ入りのブッカネスタとか食べれて...

                  実際おいしい。
                  待った甲斐があった。

                  坊ちゃんも旦那さまも私たちゲストもおいしすぎてみんな幸せいっぱいな顔してた。
                  老若男女の胃袋を満足させるとは、さすがまり飯。

                  やっぱ料理できる女っていいねぇ。
                  だって料理できる人はゲストをエスコートするのもとても上手で、料理以外でもかゆい所にピンと気づいてくるくる動いてる。大変そうな顔一つせず、むしろとっても楽しそう。自分もうれしいし、ゲストはもっとうれしい。
                  帰り道、私もおいしいもの作ってああやってみんなをほくほくさせたいなぁと思いながら馬場の道をいそいだ。
                  2007.02.04 Sunday

                  今年は北北西。

                  0
                    「タムラさんって明日豆撒きするの?」

                    モロッコから帰ってきて、余韻にひたる時間もないまま仕事仕事してたら、うっかり節分というビックイベントを逃すところでした。
                    先輩訊いてくれてありがとう。

                    恵方巻き...毎年決まった方角を向いて、黙って願い事を唱えながらかじる(各家庭によってそれぞれ)

                    小さい頃からずっと、一人暮らし時代も、寿司屋で1本買って一人かじりしてたくらいこの日だけは何故か毎年はずせなかったのです。

                    今年は仕事だったんで、おっちん邸でおっちんママに準備してもらいました。


                    光り輝くネタさんたち。巻き巻きされるのを待っております。


                    巻き巻きするおっちん。去年に比べ手つきも軽やか(に見えました)。


                    具材ぎっちり!今回はフィラデルフィアクリームチーズがぴりりと効いてました。

                    北北西を向いて、目をつぶって、願い事を唱えながら、黙ってかじる!
                    ころがし涼太はあまりの恵方巻きの旨さにかじり始めから「うまい!うまい!」を連発。おっちんもそれに続く。私は黙ってかじらなきゃともぐもぐしてたけど、とうとう我慢できず、
                    「んぉ〜いしい!」


                    おっちんママ特製の豚汁とともに。浦霞が胃にしみます。


                    寿司屋でもいろいろおいしそうなの出てるけど、かんぴょうとか味付き椎茸とかなんか巻き寿司の枠を固めちゃうものは好きじゃない。やっぱり自分で巻いて食べるとおいしいね。


                    新宿の夜景に向かって豆撒きしたかったけど、人のお家なんで...歳の数だけ頂きました。今年のお豆は味も素朴でおいしかった。
                    2007.01.16 Tuesday

                    Robex!Robex!その名もRobex!

                    0
                      Robexという洒落た食器のメーカーがある。
                      Robexはイタリア生まれの食器で5層のポリスチレン樹脂でできてて丈夫な上に、色あせなくて食品の匂いもつかないらしい。そんな多機性はおいといて、私は単純に見た目が好きでトーキョーに来てからボーナスをもらう度にひとつずつチマチマと買い揃えていた。


                      初代。カフェ飯にぴったりサイズでガシガシ使ってます。


                      2代目。割れてしまったのでスープとかは無理だけど乾物や小物入れに。


                      おっきいのをと3代目。

                      そして、今回のお正月クリアランスで吉祥寺をあさってるときに、『Robex全て50%off』という衝撃Saleに出会ってしまった!
                      そんなに高い食器じゃないんだけど、やっぱりひとつずつご褒美だっただけに...ちょっと目の前のpriceについていけない。「どうしてこんなに値段下げちゃうんですか?」と店員さんに訊くと、在庫処分のためだと。うぉ〜!とにかくこれはRobex好きな人が買わなくては!と息せき切って大人買い。

                      ちゃぶ台にのりきらない...


                      今までの歴代を並べてみると、なかなかのトリエンナーレぶりです。

                      Robex Art『DENGURIX』


                      この日は閉店前の半額にぎりを駆け込みで手に入れたので早速Robexに盛ってみた。





                      Robexに盛ると半額にぎりも洒落たSUSHI BARみたいになった。



                      ごっそ〜さまでした。
                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM